diy/DIY

京都のDIYマスターが教えます。ヴィンテージの木でアクセントウォールを格好よくつくる方法

DIYマスターの青川です。

壁にアクセントが欲しい。もう少しパンチの効いた壁にしたいと考えたなら、とりあえず木を貼ってみましょう。僕がおすすめするのは、宣伝になっちゃいますがFIVE DESIGNSの工場でもつくっているヴィンテージウッド。

ヴィンテージウッドはこちらから

まあ。これを貼るだけで見事なまでに雰囲気がでます。

しかもです。

綺麗に貼らなくてOKなのです。

ヴィンテージっていうのは、古くくたびれた感(年代を過ごして来た経緯がそう見える)が最高にクールですよね。それなのに、綺麗に貼ってしまうと雰囲気はぶち壊れます。

上の写真のように隙間が出ようが曲がろうが関係ありません。色味も合わせる必要はありません。思うがままに貼るのです。

綺麗な木を使うとどうしても思考が綺麗に貼らなければと考え、失敗できない状態を自分自身で作り上げてしまします。

でもね、DIYって楽しむもんじゃないですか。手が縮こまっていては楽しめませんからね。

雰囲気さえ自分が求めているものと合致したら問題ありません。人が見て「綺麗に貼らなくてもいいの?」なんて言われてもね。こう言うんです。

「あれ?わかんない?ワザとこういう風にしてるんだけど。ごめんね、ちょっとDIYレベル高かったわ」

と、これくらい意識高い系の言葉を炸裂させるのですよ。

次回は実際にどうやって貼っているのかを解説していきます。

皆さん、大体のイメージはついてると思いますが…..とりあえずということで。

FIVE DESIGNS
京都でキッチンから始めるコンセプトリノベーション「THE KITCHEN」を展開する FIVE DESIGNS

AUTHOR

青川 剛氣

株式会社 FIVE DESIGNS 代表取締役

「人はカッコいい人からモノを買う」と持論を展開する青川です。「カッコ良く生きる」を実践するためにや趣味や仕事に忙しい毎日を、あれやこれやと模索しながらすごしてます。

CONTACT

ご相談・お問い合わせは
お気軽にどうぞ

TEL. 075-950-9827

営業時間 | 9:00〜18:00(土日祝休)

お問い合わせ