renovation/RENOVATION

リノベーションするならオリジナルのダイニングテーブルをつくろう

リノベーションを楽しむのなら、DIY(僕たちの言うDIYは自分たちでデザインする意味も含みます)でオリジナルダイニングテーブルをつくることを忘れてはいけません。

超簡単

ダイニングテーブルをオリジナルでつくる。一見ハードルの高さそうなこのDIYイベント、実は超簡単なのです。

天板は構造用合板を3枚重ねて強度と見た目を整える

なぜ3枚重ねるかわかりますか?

それはですね、安くて格好いいからなんです。

厚みは程よくあった方が僕は格好いいと感じる方です。*極限まで薄い方が格好いいという建築の専門家の方もおられますが、こんなのはね。自己満足なのです。

24ミリ一枚でもいいとはおもうのですが、なんか寂しく感じてしまいます。3枚重ねることで何かこうなんとも言えない重厚感が生まれるのです。

制作は超簡単

まずはフレームをデザインします。

FIVE DESIGNSでは、DIYデザインを推奨しています。簡単なラフ図を描くことから始め、デザイナーと一緒になってオリジナルダイニングテーブルのフレームをデザインしていきます。

DIYデザインワークショップも随時開催いたしますので、ぜひご参加くださいね。*参加費は無料ですよ。

今回僕がデザインしたのはこんなフレーム。なんも考えてません。ただ、天板がなんか浮いてるようなイメージにしたいと考えました。フレームの上にあるチョボの上に天板がのり、10cmていどですが高さ調整も自由にできます。

これを鉄工所に依頼をかけ制作します。この時点でのDIYはデザインです。

1週間程度で仕上がってきます。早いですね。ちなみに色や太さも自由に選定できるので楽しみは倍増です。

あとはただひたすら擦るのみ

フレームが出来上がったら、構造用合板をフレーム寸法に切ります。ここで道具の問題が持ち上がります。何で切るの?そんな道具持ってない。

わかります。しかしです。昨今のホームセンターとはなんと親切なのでしょうか。1カット40円という価格で必要寸法を正確に切ってくれるのです。*カット代は地域により変動があるかとおもいます。お近くのホームセンターでお聞きください。

必要寸法に切ってもらったら、あとは重ねて擦るのみです。

まずは3枚重ねましょう

ボンドを全体に点付でいいので満遍なくつけていきましょう。この時に角の部分や端っこには丁寧につけるようにしてください。あまり攻めすぎると、重ねた時にはみ出るのでその辺りは気をつけてくださいね。

あとは重ねた板を、ビスで適当に(適当ですよ)止めていけばOKです。

重ねたらあとは擦るのです。電動工具?必要ありません。適当でいいのです。

ただ、角などはある程度丸みを持たせた方が安全なので、この部分はしっかりと研磨していきます。

研磨するほど良いと考えるのよくありません。今回僕は印字を残す程度に研磨をしています。なぜか?この印字がある方が格好いいからです。

手で擦る程度で十分なのです。*構造用合板は棘が刺さりやすいので、軽く擦るようにして全体を馴染ませてあげてください。力を込めてぎゅっとしちゃうと、手が滑って棘が刺さってしまうこともあります。

ある程度研磨作業ができたら(手で触って棘らしきものが見当たらなければOKです。多少のざらつきは問題ありません)

濡れた雑巾で表面を拭き取ります。ここがポイントです。濡れた(ある程度絞る)タオルまたは雑巾で吹くことで板の表面が濡れます。乾く過程で微量ですが板は膨れます。

膨れた板の表面をもう一度軽く研磨して終了です。*この濡れタオル工程を行うことでさらに表面は滑らかな状態になります。

何度も言いますが、適当で大丈夫です。頑張りすぎはいけません。適当です。

あとは天板をフレームに乗せれば完成です。天板を止める必要はありません。板を3枚重ねることで重みが増し、板の荷重で安定します。

*色々な方法があるのでぜひDIYデザインにチャレンジしてください。

天板の塗装はお好みでいいんじゃないでしょうか。

僕はいつもBRIWAXを使用しています。伸びもいいし、何より簡単にぬれちゃうのがいいですよね。

板が浮いてるように見えますか?微妙ですね。まあこんな気楽な感じでやるのがDIYの良さではないでしょうかね。

今回の予算です。

構造用合板12ミリ✖️910✖️1820が3枚 一枚1250だったので3枚で3750円。カット代が2カットで80円でした。

フレームは鉄工所制作で(塗装込み)で4万円程度です。*大きさにもよりますが、大体こんな感じです。

オリジナルのダイニングテーブルをDIYを駆使してつくる。この楽しみは病みつきになります。

編集後記

なんでもとりあえずやってみることが大事だと僕は考えます。

動きすぎるのもたまにキズですが。まあ。それもありということでOKではないでしょうかね。

こんなものをつくってみたい。があればぜひ、FIVE DESIGNSのワークショップに来てみてください。1人で考えるより2人で考える方がずっと楽しい。それが3人4人5人と広がれば。可能性は無限ですね。

珈琲を淹れてお待ちしております。

FIVE DESIGNS

京都と滋賀で住宅リノベーションブランド「5 Renovation is just right」5のリノベーションがちょうどいい。を展開中

AUTHOR

青川 剛氣

株式会社 FIVE DESIGNS 代表取締役

「人はカッコいい人からモノを買う」と持論を展開する青川です。「カッコ良く生きる」を実践するためにや趣味や仕事に忙しい毎日を、あれやこれやと模索しながらすごしてます。

CONTACT

ご相談・お問い合わせは
お気軽にどうぞ

TEL. 075-950-9827

営業時間 | 9:00〜18:00(土日祝休)

お問い合わせ