renovation/RENOVATION

diyで子供部屋を簡単に区切れる方法でオフィスをビルドUPさせてみた

前の記事はこちらから

まずは完成写真をよく見てください。上部が空いているのは、完全に区切ってしまうと圧迫感が出るので30cmほど空間を開けています。天井の繋がりが遮断されないので抜け感がありますね。

準備から始めましょう

まずは壁に使う板を奈良の工場に取りに来ます。*FIVE DESIGNSには自社の製材工場があります

このヒノキの板を惜しみなく使おうとおもいます。ヒノキは高額なイメージが先行していますが、節などのある材料は安価なものが多く、強度も申し分ありませんし、何より香りが最高なのです。

次に選んだ材料を切っていきましょう。

今回はスライド式丸鋸切りを使用しています。この道具を使用するときに注意しなければならいことは一つだけです。ゆっくりと丸鋸を押し出す。これだけです。

*FIVE DESIGNSワークショップなどで使用する時もありますので、わからないことがあればいつでもお声がけください

ここでワンポイントレッスン

材料を切るときに印をしますよね。そのときにレの文字をつけるのです。理由は…わかりません。完全に不明です。ですが、大工さんがやっているのをパッと見て格好よかったので取り入れてみました。

玄人っぽい感じがたまりません。

あとは鉄工所で頼んでおいた金具をセット(ネジを回して天井に突っ張るだけです)し、ヒノキの板材を落とし込んでいくだけです。

diyマスターの僕にとっては簡単すぎてあくびが出ます。

が、

そう考えると良くないことが起きるのです。

ええ。そうです。下手こきました。ええ。相当やばいやつです。

板が入りません。

ヒノキの板幅と金具の幅が丁度です。ちょうどな男青川です。

発注ミスです。板が入りません。パワープレーも無理があります。焦りますが、人の目があるので焦りなど微塵も見せませんが。

サンダーで削るというなんともお粗末なことに。ホコリは出るわ。焦るわ。強がるわ。汗かくわで踏んだり蹴ったりです。

*本来なら1・5ミリ程度余裕を持って準備します。そうする事で入れたり出したりがスムーズにいきます。

なんやかんやとありましたが

まあ、なんとか完成まで持っていくことができました。

子供部屋を計画するとき、子供が小さな時は大きなワンルームでのびのびと遊ばせたい。と、考える親御さんが増えてきました。皆さんはどうですか?

僕もその考えと同じで、小さい時は部屋なんて区切る必要はないと考えています。

ですが、大きくなるにつれて、そういったことも言ってられなくなります。プライベートな空間が欲しい気持ちわかりますよね。

建築会社や工務店に頼むと高額になるし、ましてやdiyで壁を作るのはハードルが高い。

そんなときに簡単に設置できる金具があれば、diyでも可能となります。模様替えなんかもできますよね。

FIVE DESIGNSは全てのdiyユーザーを応援しています。その金具欲しいや、こんな金具つくれないかな?(紙に描いてメールで送ってください)などありましたら、どんどんお気軽にお声がけください。

突っ張り棒のようなイメージですね。ネジを回して金具を固定していきます
不安があればビスで足元も固定できます

所要時間は約4時間*ミスが大きすぎました。

本来であれば、4mの幅くらいを区切るのだけなら1時間程度でできてしまいます。ぜひチャレンジしてみてください。

FIVE DESIGNS
京都と滋賀でキッチンから始める住宅リノベーション「THE KITCHEN」を展開中です

AUTHOR

青川 剛氣

株式会社 FIVE DESIGNS 代表取締役

「人はカッコいい人からモノを買う」と持論を展開する青川です。「カッコ良く生きる」を実践するためにや趣味や仕事に忙しい毎日を、あれやこれやと模索しながらすごしてます。

CONTACT

ご相談・お問い合わせは
お気軽にどうぞ

TEL. 075-950-9827

営業時間 | 9:00〜18:00(土日祝休)

お問い合わせ