diary/俺の日記

京都で中古住宅をリノベーションするなら断熱気密を真っ先に考えることが大切

新築住宅では断熱気密はあたりまえのことですが(断熱気密を軽視している工務店、建築士事務所もありますが)リノベーションの分野では断熱気密を考えるよりも、デザイン的な面に視点を向ける傾向が高くあります。

リノベーションとは、既存住宅の価値をあげることを意味します。リフォームでも同じなんですがね。

デザイン面を際立たせるのも必要ですが、まずは住みやすい環境をつくることが第一優先だと僕は考えます。

京都や滋賀は特に冬場は朝晩の冷え込みが激し地域です。中古物件を購入を計画するのであれば断熱気密を真っ先に考えなければいけません。

綺麗なデザインばかりを見ていても住みやすい、心地の良い住空間を形成することはできません。*商業施設の空間ですと考え方は180変わりますが。

また、断熱気密のしっかりとした知識を持っている建築士、工務店に依頼しなければ、いまだにグラスウールをグチャグチャに入れても問題ないと考えている大工さんが多いのが現状です。

新築住宅ではもはや当たり前となっている断熱気密工事ですが、なぜかリノベーションでは軽視されているような感じが否めません。

当然のように価格も断熱気密をするしないとでは大きく変わります。ですが、リノベーションをする意味はあなたにとって住みやすい、住んでいて心地のいい空間をつくることです。

デザインはかっこいいに越したことはありませんが、何よりも住みやすく心地いいが最優先されるべきではないでしょうか。

断熱気密に対する予算配分など考えることは山ほどあります。

FIVE DESIGNSでは住宅にかける予算や住宅ローンの勉強会を、講師を読んで積極的に弊社京都市五条にあるオフィスで行っております。

どうぞお気軽にご相談くださいね。予算感だけでも知りたいでもぜひご参加ください。

リノベーション資金勉強会の日程は随時ブログ等で発表していきます。コロナ禍ではありますが、感染対策もしております。あなたのご参加お待ちしております。

FIVE DESIGNS
京都と滋賀でキッチンから始める住宅リノベーション『THE KITCHEN」展開中です

AUTHOR

青川 剛氣

株式会社 FIVE DESIGNS 代表取締役

「人はカッコいい人からモノを買う」と持論を展開する青川です。「カッコ良く生きる」を実践するためにや趣味や仕事に忙しい毎日を、あれやこれやと模索しながらすごしてます。

CONTACT

ご相談・お問い合わせは
お気軽にどうぞ

TEL. 075-950-9827

営業時間 | 9:00〜18:00(土日祝休)

お問い合わせ