省エネリノベーション|ブログ

狭小地の空き家を省エネ住宅にリノベーション”小さな窓の使い方”

冬に暖かい家

目次

南面に大きな開口窓を設けることは理想的ですよね。誰しもが一度は憧れるのではないでしょうか。ですが、狭小地や市街地ではなかなかそういった理想的な物件に巡り合うことはできません。

大きな開口をドーンと作ってしまうと、明暗が大きくなりすぎて明るいはずが逆に暗く感じる。といった現象も起きてしまいます。

太陽熱などを利用したパッシブデザインについての記事もこちらからどうぞ

太陽熱を取り入れた際、蓄熱帯と呼ばれるゾーンを形成しておくことは重要です。狭小地のような土地の場合、冬の日を取り込むことはは重要です。せっかく取り入れた熱を保持する計画をしなければ、太陽熱は部屋で行き場をなくしオーバーヒート、暑くていられない空間を作り出すことにつながります。

無垢フローリングについての記事もこちらからどうぞ

ですが、天窓と言えばの夏の暑さ問題と雨漏れ問題です。雨漏れは施工精度でどうにでもなるので割愛しますが、夏の日射遮蔽が問題です。

現状天窓のガラス面に日射遮蔽型を選択することで、ある程度の熱を防ぐことは可能です。ですが、狭小地などの場合、採光だけでなく太陽熱も取得する。こういった考えを選択肢の一つとして持っておきたいですね。

  • 朝の太陽光を取り入れる: 東面の窓は朝の早い時間に太陽光を取り入れることができ、室内を早朝から暖める効果があります。特に、寝室やキッチンに東面の窓を設置することで、朝の光を効果的に利用できます。
エコハウスについての記事もこちらからどうぞ

省エネ住宅「風道の家」コンセプトブック

住みやすい家とはどんな家でしょう?

それは注文住宅でなければ手に入らない価値なのでしょうか。KEEL PROJECTが考える風道の家は規格住宅です。ですが、オーダーキッチンが核となる、自由度の高い、風を感じる象徴的な窓がある、そんな小さな省エネ住宅です。

風道の家コンセプトブック是非一度、ご覧ください。

 

※しつこい営業はいたしませんので、お気軽にご相談ください。

資料請求はこちらからどうぞ