省エネ住宅|ブログ

グラスウール断熱材の安全性は大丈夫?章エネ住宅の教え

新築一戸建て
新築一戸建て
屋根高性能グラスウール24k 105mm✖️2 210mm
外壁側に付加断熱 高性能グラウスウール32K 60mm 室内側に高性能グラスウール16K 105mm
高性能グラウスウール24K 105mm  寒い場合付加断熱として42mmも追加できます。
風道の家 断熱表

風道の家は、必要最低限の省エネ住宅を目指しています。パッシブデザインも取り入れるため、できれば自立型の省エネ住宅を目指したいと考えています。

ただ、そのために高コストをかけたいとは考えまません。し、断熱の厚みをどんどん増していこうとは考えていません。コストバランスの優れた、住みやすい家がKEEL PROJECTが考える省エネ住宅です。

新築一戸建て

また、協力店様の断熱に対する意識も向上してきていますので、他県での依頼時にも安心して任せていただけると考えています。

グラスウール断熱材は、しっかりと施行すれば問題なく断熱パフォーマンスを発揮してくれます。

省エネ住宅「風道の家」コンセプトブック

住みやすい家とはどんな家でしょう?

それは注文住宅でなければ手に入らない価値なのでしょうか。KEEL PROJECTが考える風道の家は規格住宅です。ですが、オーダーキッチンが核となる、自由度の高い、風を感じる象徴的な窓がある、そんな小さな省エネ住宅です。

風道の家コンセプトブック是非一度、ご覧ください。

 

※しつこい営業はいたしませんので、お気軽にご相談ください。

資料請求はこちらからどうぞ